セルリアンハウス N様邸

仕様
ヨーロピアンスタイル
完成年月
2010年4月
敷地面積
915.00m2(276.79坪)
床面積
214.14m2(64.77坪)
構造
木造・在来軸組
階数
2階
敷地環境
緩傾斜地(別荘地)
家族構成
ご夫婦

金曜日の仕事が終わるとすぐに世田谷の自宅を出て、軽井沢に来るようになってからもう9年になります。軽井沢で最初に購入したのはリゾートマンションでした。2人とも自然が大好きで軽井沢でのリゾートライフは楽しいものでしたが、東京でもマンション暮らしで庭がありません。自然に溶け込む家が欲しい、思う存分に土いじりのできる庭が欲しいという思いが募ります。サイクリングをしながらいろいろな土地を見て回っていましたが、別荘の維持管理は大変だというイメージがありましたし、年齢のこともある。どこかで躊躇していました。

きっかけは雑誌「ミセス」の軽井沢特集でした。ベランダを出たら緑しか見えない別荘の写真。建築の相談をしたクリエイト軽井沢建設さんはできると言ってくれた。これで決心がつきました。保有のリゾートマンションを売却して建築資金に充てることにし、クリエイト軽井沢不動産さんとクリエイト軽井沢建設さんにお願いしました。それからは時間がかかりませんでしたね。本当に営業力とスピード感がある会社だと思います。

建物は以前イギリスを旅行した時に見た、石の住宅をイメージしてつくりました。重厚感があって、周囲の環境になじんでいる、その何とも美しい色合いが気に入ったんです。木は経年劣化してしまいますが、石は時間とともに味わいが出ます。森の中に溶け込み、沈んでいるかのような中世イギリスの古城のイメージです。

プランニング中は夜中に思いついたアイディアを、朝すぐにクリエイト軽井沢建設さんに電話したりして(笑)。かなりわがままも言いましたがいつも真摯に対応して頂き、思った通りの仕上がりに満足しています。この建物で一番のお気に入りは大きなテラスで過ごすこと。木洩れ日を感じながら小鳥の声を聞き、リスの姿を愛でる。安物のワインでも美味しくなるんです(笑)。

私たちはのんびりするためにここに来るのではありません。朝から晩まで外にいますから(笑)。敷地内の既存樹は伐採せずに緑を最大限に活かし、苔むす軽井沢らしい庭づくりにいそしむ日々です。苔はしっかり手入れしないとちゃんと育ってくれません。ここまでは理想に近いものができていますので、あとは時間が完成に導いてくれるのでしょう。これさえあれば都会暮らしの数々の不満だって我慢できます。

あと数年になるでしょうか、いずれリタイアしたらここに永住しようと考えています。もともとそれを見据えて少し大型ですし、トイレや階段にも床暖房を入れた永住タイプのつくりにしているんです。クリエイト軽井沢建設さんは入居後もアフターケアが良く、何かあればすぐに飛んできてくれます。日常の管理もお願いしていますし、ワンストップですべて面倒を見てくれるのがいいですね。やっぱり地元で実績のある会社にお願いしてよかったなと実感しています。

オーナー様の声の紹介3|軽井沢で別荘建築やリフォーム、別荘管理をお考えならクリエイト軽井沢建設にご相談下さい。

Copyright (c) 2008 Create Karuizawa All Rights Reserved.